--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/18

カウボーイズ&エイリアンズ"Cowboys & Aliens"の予告が楽しい!

監督ジョン・ファヴロー(アイアンマン)、出演ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、オリヴィア・ワイルド、サム・ロックウェルというグラフィックノベルを原作とした映画”Cowboys & Aliens”カウボーイ&エイリアンズの予告がでてましたね!

wikiによると「19世紀半ばのアリゾナに宇宙人が襲来する。宇宙人は西部を侵攻し、地球人奴隷化を計画するが、その過程ででカウボーイとネイティブ・アパッチと対立し、三つ巴となる。」というあらすじらしいですが、ともかく見て下さい。

くくくくく~っと、思わず笑いがでちゃいますね。西部劇+SFまでは分かるとして、なんで武器がこんなハイテクなんだよぅ~~とツッコミながらもワクワクしてます。ダニエル・クレイグは007シリーズでスーツが似合うとほれぼれしましたが、ぴっちりしたシャツ姿のカウボーイもかっこいいですね!

全米公開が2011年7月29日、日本公開は日程不明だけどすっごく楽しみです!

スポンサーサイト
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/04/25

「小さな命が呼ぶとき」の予告で気になるカンジ

ハリソン・フォード、ブレンダン・フレイザー、ケリー・ラッセル出演、難病のわが子を救う治療薬の開発のため製薬会社まで設立した父親の奔走を描く「小さな命が呼ぶとき」。
題材は感動的だし人気俳優も出てるけど、製作会社が米TV局のCBSで、2010年1月22日に2,549館で全米公開し3100万ドルの制作費に対し2100万ドルしか稼げず、よもや日本公開があるとは思ってなかったので、映画館で予告見てへぇ~と思いました。

これ簡単すぎて覚えにくい邦題ですね。劇場窓口では「小さな命が」「叫ん」だり「泣い」たりしそうです。ちゃんと呼んでもらえたら良いですが・・・。しかも公式サイトのURLは、 http://papa-okusuri.jp/ っと邦題と無関係。URLの方が映画の内容をストレートに表してますけどこれも覚えにくそうです。

その予告の中で「会社を起こした」という文字が出てきて、あれ?っとなってしまいました。会社って「興」こすものかと思ってました。goo辞書みたらどっちでも良いみたい。確かに「起業」とも言いますね。ただイメージとして同じ会社をおこすでも「興す」だと複数の人間がかかわってる組織だけど「起こす」だと一人って感じがします。基本的に父親主体の起業なのであえて「起」なのでしょうか?
最近は漢字を書くことが減ってしまい、変換候補からあまり意味を考えず選んでいますが、本当にその漢字が適切なのか吟味するのも大切ですね。ちょっと漢字の練習でもやろうかな~と思った予告でした。

製作総指揮もつとめている主演のハリソン・フォードはここ数年急激に老けてちょっと寂しいですが、1942年生まれなので本当は年相応なんですね。ハン・ソロやインディを思い出すと、時の流れを見せ付けられた気がしてがっくりきます。まぁ自分もそれだけ年取ったんだけどさ・・・。自分より年下の女優さんが白髪染めのCM出てると微妙な気持ちになるのと一緒です。そのうち元モー娘。が白髪染めCMに出たりするんでしょかね。想像しただけで恐怖ですなぁ…。

ハリソン・フォードは2009年公開の「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」では真面目一本気な老捜査官を渋くていい感じに演じていたので、この作品もちょっぴり期待してます。
監督は「ベガスの恋に勝つルール」のトム・ヴォーンか…。う~ん、期待出来ない感じ。予告を見ると確かにちょっとベタかもしれません。



原題:Extraordinary Measures
監督:トム・ボーン
原作:ジータ・アナンド
脚本:ロバート・ネルソン・ジェイコブス
上映時間:109分
出演:ブレンダン・フレイザー、ハリソン・フォード、ケリー・ラッセル
公式HP:http://www.papa-okusuri.jp/
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(1)
2010/03/12

リドリー・スコットの「ロビン・フッド」予告篇

久しぶりに予告篇貼ってみました。
我が愛しのリドリー・スコット監督作品「ロビン・フッド」予告篇です。
いつもの青みがかった画面は少なめですね。それにしてもケイト・ブランシェットは出るだけで画面が格調高くなっちゃうすっごい女優さんです。シエナ・ミラーじゃなくて本当に良かったです。
ケルトっぽい渦巻き模様で飾られた柱も素敵~。美術も相変わらず凝ってそうで期待してます。
「キングダム・オブ・ヘブン」にも沢山出た騎馬合戦に船、本作でもいっぱい出てきそうですね。

「ワールド・オブ・ライズ」のハニ役が良かったマーク・ストロングとバッサーム役だったオスカー・アイザックも出てます。アラブ人から一転して今回はイングランド人なんですね~。
マーク・ストロング出演の「シャーロック・ホームズ」はいよいよ今日3/12日本公開ですね!こちらもとても楽しみです。

好きじゃないのでど~でもいい主演のラッセル・クロウは痩せましたね~。あの「消されたヘッドライン」のときのすっごいお腹周りから60%くらいに減った感じです。どんなダイエットだったかは気になります。
監督作としてはヒットして欲しいけど、このコンビ作品はこれで打ち止めにして欲しいものです。



原題:Robin Hood
監督:リドリー・スコット
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ケイト・ブランシェット
全米公開:2010年5月14日
日本公開日:?
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/01/20

「(500)日のサマー」監督のマーク・ウェブがスパイダーマンの監督に!

サム・ライミ監督、主演のトビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンストが降板し公開日も2011年夏から2012年夏に延びた「スパイダーマン4」の監督に「(500)日のサマー」の監督マーク・ウェブが決定というニュース、びっくりしました。

正直もうトビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンストは年齢的に難しい気がしてましたので、ここで新しいキャストにするのも大賛成です。
ピーター・パーカーの高校時代に戻るらしいスパイダーマン4ですが、「(500)日のサマー」の主人公トムも高校時代人気者のジョックだったとは考えがたく、ピーター・パーカー同様、ナードとして底辺のヒエラルキーに属してそうですもんね。
片思いのMJと良い雰囲気になって一人浮かれて歌い出しそうな男の子だし、そういうのを描くのが上手いマーク・ウェブ監督というのは結構良い選択だと思います。
音楽使いも上手いし、映像もセンス良いし「スパイダーマン1」や「スパイダーマン2」のような良い青春ものを期待出来そうです。

でも長編映画はこの1作しか撮ってない監督に夏の大作を任せるとは、ソニーって剛毅ですね…。
一点心配なのは「スパイダーマン4」でサム・ライミ監督が降板した理由がスタジオ側が悪役を沢山出すように希望し折り合いが付かなかったからと聞きます。「スパイダーマン3」でヴェノムとサンドマンとW悪役にして詰め込みすぎ脚本で大失敗したのにまた同じ轍を踏む気なんでしょうか?
そこだけは心配ですね…。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
映画「(500)日のサマー」感想
(500)日のサマー、銀行ダンス
「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい
ブロードウェイのスパイダーマン/ピーター・パーカーは リーヴ・カーニー
「スパイダーマン」が作詞作曲U2、衣装デザイン石岡瑛子でミュージカルに
トビー・マグワイヤ出演「ある愛の風景」のリメイク映画”Brothers ”予告篇
映画の紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/09

アリス・イン・ワンダーランドとユニクロがコラボ

alice-uniqlo.jpgルイス・キャロルの名作童話をティム・バートン監督が実写とパフォーマンス・キャプチャー手法のアニメで映画化した「アリス・イン・ワンダーランド」は日本でも2010年4月17日公開予定です。
3D「アバター」の上映前予告でチェシャ猫の飛び出しっぷりに、これも絶対3Dで見ようと決心した人も多そうですね。
私もいまの前売り特典2010年カレンダーより第三弾ストラップが良いかな~と前売り券買う時期を迷っているところです。

ところで、この映画とユニクロがコラボしてTシャツやバッグが4月中旬に出るようです。映画のコラボ衣料や服飾品は値段が通常品より高いイメージですが、ユニクロならお手頃価格になりそうで期待してます。
どうせならアリスの水色ワンピも出して欲しいですね。

ユニクロ http://store.uniqlo.com/jp/store/feature/ut/disney/#alice

アリス・イン・ワンダーランド
原題:Alice in Wonderland
監督:ティム・バートン
製作:ティム・バートン、リチャード・D・ザナック
脚本:リンダ・ウールバートン
原作:ルイス・キャロル
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、クリスピン・グローバー、マット・ルーカス


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。