--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/02

映画「あの日、欲望の大地で」感想

THE BURNING PLAIN「あの日、欲望の大地で」見てきました。安い女性雑誌の煽り文句みたいですが、「母でありながら女であった母」を持つ「娘でありながら母となった娘」の物語が、美しい風景のなか描かれ、とても見応えがありました。女優二人のヌードが喧伝されてますが、若い男性観客より少し年を重ねた女性が共感できる女性映画だと思います。


ストーリーは「シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、ポートランドの海辺にたたずむ高級レストランのマネージャーとして働いている。仕事場では有能な彼女だが、プライベートでは行きずりの相手との情事を繰り返していた。そんなある日、彼女の前にカルロス(ホセ・マリア・ヤスピク)というメキシコ人男性と、12歳の少女マリア(テッサ・イア)が現れ……。」という、愛ゆえに深い傷を抱える人が、もがき苦しみながらも再び愛によって希望を見いだして行く姿を描き出したドラマです。
THE BURNING PLAIN


時代と人物が交錯している為、最初は人物関係がさっぱり分からず、置いてけぼりをくらった感じがしますが、セロンの少女時代を演じるジェニファー・ローレンスにセロンの面影がありますし、セロンとベイシンガーもなんとなく似てて、このキャスティングは完璧です。でもあらかじめ人物関係把握したい人はチラシの人物関係図を読んでおきましょう。

この3世代の女性を演じる4人の女優が皆素晴らしい演技をしています。
セロンの追い詰められた表情やベイシンガーが胸の傷を見せる場面など、キャラクターの心情がよく伝わって来る繊細な演技でした。でもそれを上回るのがセロンの少女時代を演じたジェニファー・ローレンスです。癌に冒された母に変わって弟妹の面倒をみるしっかりものの姉らしい振る舞い、後半母を罰し母を取り戻したい気持ちで祈るようにつぶやくシーンとその後のおののくシーンの子供っぽさなど、大人でも子供でもない思春期の少女らしさを瑞々しく演じていました。
本作でヴェネチア国際映画祭(マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞))(2008年)を受賞していますが、これからも良い作品にどんどん出そうで個人的に大注目です。
THE BURNING PLAIN


「21グラム」や「バベル」の脚本家として知られるギジェルモ・アリアガの長編デビュー監督作ですが、演出もさりげなく自然でとても良かったです。
また冒頭では奔放な生活をするセロンに全く共感はできないのが、物語が進むにつれ物語のピースが嵌ってくると、登場人物達がそういう行動に走った心理は分かってくるという非常に練られた脚本でした。

音楽はダークナイトやライオン・キングのハンス・ジマーと、マーズ・ヴォルタのギタリストのオマー・ロドリゲス・ロペスです。特にメインテーマのギターが心に染みる旋律で切なさをいや増します。米アマゾンも見たのですが、サントラは出ていないようですね。この曲だけでも欲しいのですが、IMDbにも音楽リストが無く曲名がよくわかりません。残念です。

尚、予告は結構ネタバレなのでもし見に行く気があるなら見ない方がいいかもしれません。

Noguchi Coffee Table追記:映画見た時から気になってた、シルヴィアの自宅のコーヒーテーブルはイサム・ノグチのデザイン「ノグチテーブル」でした。日本で買うと20万円から3万円くらいまで様々あるようです。(価格.comに比較がありました。)
もとは1939年ニューヨーク近代美術館の館長A・コンガ・グッドイヤーの自邸のためにデザインされ、1948年にハーマン・ミラー社から“イサムノグチコーヒーテーブル”として発売されましたが、現在では意匠権が切れ各社からリプロダクション商品が出ています。

あんな刹那的な生活してるのにコーヒーテーブルはブランドものってどうなのよ??って少し疑問に思ってましたが、きっとリプロダクションの家具で数万円くらいだったのでしょうね!
テーブルの価格が分かってすっきりです。



原題:THE BURNING PLAIN
監督:ギジェルモ・アリアガ
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:ハンス・ジマー、オマー・ロドリゲス・ロペス
出演:シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス
上映時間: 106分
公式HP:http://yokubou-daichi.jp/

関連記事:
映画「愛を読むひと」感想
彫刻家イサム・ノグチの母を描く映画「レオニー」香川でロケ
映画の感想カテゴリの他の記事
建築・インテリアの他の記事へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
映画の感想 | Comments(4) | Trackback(3)
2009/06/26

「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい

500day-1.jpg500day-1.jpg500day-1.jpg
「(500)日のサマー」という邦題で日本公開が決まった"500 Days of Summer"のロケ地ロサンゼルスの動画です。

「(500)日のサマー」は真実の恋が信じられない女の子サマー(ズーイー・デシャネル)と、そんな彼女に恋したトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の500日間のロマンチックコメディで、本作が長編映画デビューとなるマーク・ウェブ 監督作品です。トレーラーの音楽はオーストラリア出身4人組バンド、The Temper Trap(ザ・テンパー・トラップ)の”Sweet Disposition”です。

先日見た「路上のソリスト」でもロスの街の魅力が一杯でしたが、「500日のサマー」も街がとっても素敵に描かれているようですね。
「ブレードランナー」でも有名なブラッドベリー・ビルディング(Bradbury Building)、「恋愛小説家」のロケに使われたBarclay Hotel、市庁舎、ウェスティン・ボナベンチャー・ホテル( Westin Bonaventure Hotel )など素敵な建物がいっぱい写ってます。

トムがサマーの腕にパースを書くところや、次第に暮れなずむ街で一人建物をスケッチするシーンも街の美しさをとらえていてハッとします。

500day-1.jpg500day-1.jpg500day-1.jpg


Matthew Gray Gublerマシュー・グレイ・ギュブラーの出演がきっかけで予告をチェックしてた映画ですが、出演者も画面も音楽もキュートだし、日本公開が決まって本当に嬉しいです。
ところで先日膝の手術をしたマシュー・グレイ・ギュブラーも6月24日に行われたプレミアに松葉杖で出席しています。
固定してるバンドが痛々しいけど、元気な顔が見られて一安心です。「クリミナル・マインド FBI行動分析課 」の第4シーズンの撮影も始まる頃だけどどうするのか気になりますね。




原題:(500) Days of Summer
邦題:(500)日のサマー
監督: マーク・ウェブ
撮影: エリック・スティールバーグ
音楽: マイケル・ダナ
出演: ズーイー・デシャネル、 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ 、 ミンカ・ケリー 、マシュー・グレイ・ギュブラー
全米公開:2009年7月17日
日本公開:2010年1月9日

追記:二人が行く家具店はやっぱりイケア(IKEA)でした。イケアは映画「ファイト・クラブ」でも登場するスウェーデン発祥の大手家具店で、日本でも関東関西に5店舗展開しています。店舗にはイケア商品を使ったテーマ別モデルルームがあり、その商品を使った場合のトータルイメージが判りやすく展示され、また組み立て式家具のためデザインの割に比較的安価なのが特徴です。(っと、褒めまくってますが、近所にないので実際行った事はないのです。カタログ見ていいな~と思ってるだけでございます。)この予告で見た時、売り場のアルファベットが母音の上に点が2個ついててスウェーデン語っぽいな~と思ったのですが、なにぶん行った事無い店舗なので判断できませんでした。
というわけでイケアが近所にない私には、イケアってこ~なってるのねと言うのが分かり嬉しい動画でしたので追記させていただきました。


関連記事:
サブカテゴリー:「(500)日のサマー」の記事
サブカテゴリー:建築・インテリアの記事

マシュー・グレイ・ギュブラーが登場した"500 Days of Summer"の予告
"500 Days of Summer"と"Precious"の予告篇
"500 Days of Summer"の予告篇
「路上のソリスト」の舞台、ロサンゼルス「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」
ソフィア・コッポラ監督の新作『サムフェアー』はL.A.のホテル「シャトー・マーモント」で撮影

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(3)
2009/06/20

「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビアとアート&インテリア part.2

「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビアとアート&インテリア、長くなったので2分割してます。
Part.1は→こちら

こうしてまとめて見るとVの好みが見えて来ますね。
まず家具はアンティークとモダン両方好き。
美術品はイギリスだけじゃなく欧米中から盗んで来ている。
そしてラファエル前派やロマン主義の作家や水彩画が多い。逆に静物画は少ない。
どうやらVは物語性のある絵画がお好みなのね。やっぱりロマンチストなテロリストなんですね~。

SHADOW GALLERY
sg_02.gifsg_02_01.jpg
refrigerator①イタリア・SMEG社製冷蔵庫 smeg スメッグFAB30 冷蔵庫
価格 420,000円 (税込)
サイズ:W600 × D680 × H1680mm
SHADOW GALLERY②名前:SHINE TABLE
デザイン: ヴィコ・マジストレッティ
ブランド: カッシーナ・イクスシー
価格: \457,800[税込](ホワイト)
サイズ:W1500
sg_03.gifsg_03_01.jpg
03mildred-pierce02.jpg①作者:ジョーン・クロフォード主演映画
題名:ミルドレッド・ピアース (Mildred Pierce ) のポスター
制作年:1945年
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt0037913/
SHADOW GALLERY作者:ジェームズ・キャグニー主演
題名:「白熱」White Heat (1949)のポスター
制作年:1949
美術館:http://www.imdb.com/title/tt0042041/
07fc-bubble.jpg②テーブルランプ
品名:Bubble Table Lights 500mm
デザイナー:Valerio Bottin
Table Lights by Valerio Bottin for Foscarini(Valerio Bottin's Bubble Lamp.)
07_01_003.jpg③調査中
SHADOW GALLERY④フランシス・ベーコンっぽい気がするんですが見つかりません。
SHADOW GALLERY雑誌で見たことあるテーブルです。
sg_05.gifオフィス
05god-created-adam.jpg①作者:ウィリアム・ブレイク(William Blake, 1757年 - 1827年)
題名:アダムを創造するエロヒム
制作年:1804-1805
美術館:テート・ギャラリー
サイズ:
05sebastia.jpg②作者:アンドレーア・マンティーニャ(Andrea Mantegna、1431年-1506年)
題名:聖セバスティアヌス
制作年:1459-60
美術館:ウィーン美術史美術館
サイズ:68×30cm
sg_06.gifsg_06_01.jpg
06herman-miller_eames.jpg①名前:イームズ ラウンジチェアー The Vitra Lounge Chair by Eames and
ブランド:ハーマンミラー社イームズ(アメリカ)
デザイナー: イームズ / Eames
サイズ: W845×D845×H835/SH380mm
SHADOW GALLERY作者:アイリーングレイ
題名:サイドテーブル Adjustable Table E1027
ブランド:ClassiCon (クラシコン)
サイズ:φ51xH62-101cm (高さは10段階)
・材質(クローム):強化ガラス/スチール・クロームメッキ仕上げ
sg_07.gifsg_07_01.jpg
SHADOW GALLERY①作者:ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock, 1912年 - 1956年)
ポロックにまず間違いないんですが、似た作品多いので作品番号がわかりません。
07turner-burn-parliament.jpg②作者:ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner, 1775~1851年)
題名:The Burning of the Houses of Parliament,
制作年:watercolour 1834
美術館:Clore Gallery, London
サイズ:
SHADOW GALLERY③絵が輪郭ぐらいしか見えず判断できません。う~ん難しい。
07flos_arco.jpg④名前:FLOS(フロス) ARCO アルコ
価格:\ 257,250
ブランド: フロス / FLOS (イタリア)
デザイナー:アッキーレ カスティリオーニ / Achille Castiglioni
サイズ:H2300(MAX)×D2200(MAX)×W310mm
sg_08.gifsg_08_01.jpg
08sir-john-everett-millais.jpg①作者:ジョン・エヴァレット・ミレー(1829~1896)
題名:オフェーリア
制作年:1851-1852年
美術館:テート・ブリテン
サイズ:76.2×111.8cm
SHADOW GALLERY②作者:ポール・ドラローシュ画
題名:レディ・ジェーン・グレイの処刑
制作年:1833年
美術館:ロンドン、 ナショナルギャラリー 蔵
サイズ:
SHADOW GALLERY③調査中
sg_09.gifsg_09_01.jpg
09venus_arles.jpg①作者:プラクシテレス(紀元前4世紀)
題名:アフロディテ 通称《アルルのヴィーナス》
制作年:前360年頃
美術館:ルーブル
サイズ:H1.94 m
09-2300model.jpg②ジュークボックス
品名:ワーリッツァー 2300
メーカー:Wurlitzer
製造年: 1958 年
サイズ:W 865 ×D 710×H 1310mm
タイプ:45回転レコード
曲数:200
09nefertiti.jpg③作者:
題名:王妃ネフェルティティの胸像
制作年:アマルナ出土 紀元前1354年頃
美術館:ベルリン美術館原型所蔵
サイズ:高さ50cm
sg_10.gifsg_10_01.jpg
10caravaggio_bacchio01.jpg①作者:カラヴァッジオ(Michelangelo Merisi da Caravaggio、1571年 - 1610年)
題名:病める少年バッコス
制作年:1593年頃
美術館: ボルゲーゼ美術館(ローマ)
サイズ:67×53cm
10el greco view of toledo②作者:エル・グレコ
題名:トレドの風景
制作年:1597
美術館:ニューヨーク メトロポリタン美術館
サイズ:121.3 x 108.6 cm
SHADOW GALLERY③よく見たら額が違いました。調査中
SHADOW GALLERY④調査中
ホールの写真に同じ⑤題名:王妃ネフェルティティの胸像
SHADOW GALLERY作者:ディエゴ・ベラスケス(Diego Velázquez 1599-1660年)
題名:鏡を見るヴィーナス(ロークビーのヴィーナス)
制作年:1648年頃
美術館:ロンドン、ナョナル・ギャラリー
サイズ:122.5×175cm
SHADOW GALLERY作者:フィンセント・ファン・ゴッホ Vincent van Gogh(1853-90)
題名:ガッシュ医師
制作年:1890年
美術館:個人蔵
サイズ:67 x 56 cm
SHADOW GALLERY作者:フィンセント・ファン・ゴッホ Vincent van Gogh(1853-90)
題名:オーヴェールの聖堂
制作年:1890年
美術館:オルセー
サイズ:94x74cm


V For Vendetta - Deluxe 13 Inch Collector Figure: V
イメージを読む (ちくま学芸文庫)



関連記事:
「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビアとアート&インテリア part.1
gyaoで「Vフォー・ヴェンデッタ」が放送
「ボーン・アルティメイタム」のトリビア
建築・インテリアの他の記事へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画のトリビア | Comments(6) | Trackback(0)
2009/06/20

「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビアとアート&インテリア part.1

先日、「ボーン・アイデンティティ」のトリビアが、思いの外好評だったので第二弾「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビア書いてみます。

ストーリー
独裁国家と化した近未来の英国。TV局で働くイヴィー(ナタリー・ポートマン)は外出禁止時間令を破り、秘密警察ザ・フィンガーの警察官に見つかり危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。
国家を相手にひとりテロ活動を続けるVは、クラシック音楽の調べに合わせて中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に集結するよう市民に呼びかける。その一方で自分自身の怨念を晴らすため、有力者を次々と殺していくV。そんな彼と出会ったことで、イヴィーは人生を大きく変えていく。

Vフォー・ヴェンデッタ
原題:V for Vendetta
監督:ジェイムズ・マクティーグ
製作年:2005年
製作国:アメリカ=ドイツ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:132分
出演 : ナタリー・ポートマン 、 ヒューゴ・ウィービング 、 ジョン・ハート


・Vのズボンの縫い目が破れ下着が見えるシーンがある(過呼吸で倒れたイヴィーをVが支える場面)
・ジュークボックスに872曲入ってる設定だが、実際は200曲しかはいらない機種
・Vの好きな映画として出てくる『巌窟王』は、 The Count of Monte Cristo (1934年 アメリカ) 主演:ロバート・ドーナット
・最後の地下鉄駅のシーンは、オルドウィッチ(1994年廃止)駅で撮影された
・イヴィーがシャドーギャラリーで目覚めた時流れている曲は「Cry me a river」
・ダンスシーンで流れた曲は 「Bird Gerhl」
・フィンチのアラーム曲は「Long Black Train」
・エンドロールの2曲目はEthan Stollerの「BKAB」
・フィンチが使う盗聴防止装置はポケット読書灯のLEDライトを赤いランプに交換したもの
ledbooklight.jpg写真のはクリップが付いてるので少し形が違いますね。

…っと、トリビアというにはあまりに少なかったのでVの住まいSHADOW GALLERYに付いて調べてみました。

HPの画像を見て、イメージ検索し探したので多少間違ってるかもしれないです。またどうしても探しきれない部分も多かったので、地道に追記していきたいと思います。
言い訳すると西洋美術史詳しくないのでめちゃくちゃ時間かかりました…。コレを調べるのに時間とられてここ数日気の抜けた更新してしまい、知ったかぶりでblogやっちゃいけないなぁ~と反省してます。
sg_07_0101.jpg特にキッチンのケトルは4時間以上検索したけど結局分からず、とっても残念です。万一知ってる方はどんどん教えて下さいね。
って、そんなとこ気にする作品でもないから無理かなぁ…。
ちなみにコレです!



SHADOW GALLERY
sg_01.gifsg_01_01.jpg
01bacco-e-arianne.jpg①作者:ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio, 1490年頃 - 1576年)
題名:バッカスとアリアドネ
制作年:1523-24
美術館:ロンドン、ナショナル・ギャラリー
サイズ:176.5 cm × 191 cm
01shalott.jpg②作者:ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(John William Waterhouse, 1849年 - 1917年)
題名:シャロットの女 The Lady of Shalott
制作年:1888
美術館:テイト・ギャラリー
サイズ:153×200cm 
01shisyunki.jpg③作者:エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch 1863年1~1944年)
題名:思春期
制作年:1893年
美術館:オスロ国立美術館蔵
サイズ:
SHADOW GALLERY④調査中
SHADOW GALLERY⑤間違ってました。
調査中
01scene-from-dantes.jpg⑥作者:ウィリアム・ブレイク(William Blake, 1757年~1827年)
題名:聖職売買の法王
制作年:1824-7年
美術館:テート・ギャラリー
サイズ:52.7×36.8cm
SHADOW GALLERY⑦調査中
01claude lorrain⑧作者:クロード・ロラン(Claude Lorrain, 1600年頃 - 1682年)
題名:海港 シバの女王の船出
制作年:1648年
美術館:ロンドン、ナショナル・ギャラリー
サイズ:149 × 194 cm
01sandro_botticelli.jpg⑨作者:サンドロ・ボッティチェリ(Sandro Botticelli, 1444or1445年 ~1510年)
題名:ヴィーナスの誕生
制作年:1483年頃
美術館:ウフィッツィ美術館(フィレンツェ)
サイズ:172.5 cm × 278.5 cm (67.9 in × 109.6 in)
01_06_01_10.jpg⑩調査中
01jan_van_eyck.jpg⑪作者:ヤン・ファン・エイク (Jan van Eyck、1390年~1441年)
題名:アルノルフィーニ夫婦
制作年:1434年
美術館:81.8×59.7cm
サイズ:ロンドン、ナショナル・ギャラリー

長くなったので2記事に分割します。part.2は→コチラ

カラー版 西洋美術史
Vフォー・ヴェンデッタ [DVD]
Vフォー・ヴェンデッタ [DVD]
(2008/06/11)
ナタリー・ポートマン,ヒューゴ・ウィーヴィング

商品詳細を見る


関連記事:
「Vフォー・ヴェンデッタ」のトリビアとアート&インテリア part.2
gyaoで「Vフォー・ヴェンデッタ」が放送
「ボーン・アルティメイタム」のトリビア
建築・インテリアの他の記事へ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画のトリビア | Comments(0) | Trackback(0)
2009/06/02

「路上のソリスト」の「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」

The Soloist
「路上のソリスト」の重要な舞台の一つ「ウォルト・ディズニー・コンサートホール(Walt Disney Concert Hall)」
ここはクラシック音楽を専門とするコンサートホールで、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団(Los Angeles Philharmonic Orchestra、通称LAフィル)の本拠地です。
1987年に、故ウォルト・ディズニーの未亡人リリアン・ディズニーが、LAカウンティ(郡)にLAフィル専用のコンサートホールを建設する資金として5千万ドル(約55億円)を寄付して始まったプランの為、この名がついていますが、ロサンゼルス郡の公共施設です。
構想から設計、完成までに16年の年月を経て2003年10月に完成しました。

こういう建物を見ると都市は美しい建築があるから素敵なんだなぁとしみじみ思います。
光の反射で刻々と表情がかわるこの建物を、実際に見てみたいですね。

Walt Disney Concert Hallステンレススチールでできた曲線パネルを立体的に組み合わせた、巨大な彫刻のような外観の奇抜な建物は、ロサンゼルス在住の著名な建築家、フランク・ゲーリーの設計です。
また日本の永田音響設計が担当した音響も、世界的に高い評価を受けています。

Walt Disney Concert Hall客席数は2265席で、ステージを取り囲むように立体的に配置し、その段差を音響に利用した「ワインヤード」という様式を取っています。ステージ後方のパイプオルガンもゲーリー氏のデザインです。
ロサンゼルスに行くことがあったら是非このコンサートホールで音楽聴いてみたいですよね。もちろんナサニエルとロペスのように二階席で。


Wfm_stata_centeフランク・ゲーリーは「脱構築主義建築」という破片で覆ったような特徴のデザインをされる建築家なんですね。他の建物もとっても奇抜です。
これはゲーリー氏の設計した「MIT ステイタ・センター」。このデコボコした外観の部屋は部屋の角が90度じゃないから家具が置きにくそうなんていらぬ心配をしてしまいます。この手の建物を見るのは好きだけど住みたいとは思いません。

Guggenheim-bilbaoこちらは「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」。NYのグッケンハイムも奇抜でしたが、こちらも直線が全くないデザインですね。2005年にはシドニー・ポラックによってゲーリーのドキュメンタリー映画も作られています。見たいけどレンタルなさそうですね~。
映画『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』
公式サイト http://sketch.cinemacafe.net/

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版 [DVD]
(2007/11/21)
フランク・ゲーリー;シドニー・ポラック;デニス・ホッパー;ジュリアン・シュナーベル;ボブ・ゲルドフ

商品詳細を見る


関連記事:
映画「路上のソリスト」感想
「路上のソリスト」(原題: The Soloist)原作は新聞のコラム
「ザ・バンク 堕ちた巨像」 グッゲンハイム美術館のセットは凄い
建築・インテリアの他の記事へ


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。