--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/09

「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"の銀行ダンス

ウチは多分日本で一番しつこく(詳しくでは無いところが玉に瑕ですが)「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"を紹介しているブログではなかろうかと思いますが、なんと今週末公開4週目にしてとうとう全米TOP10圏内に入りました!

週末確定で9位です。27館→85館→266館→817館と順調にスクリーン数も増えています。
IMDbの評価も上がって8.2でTOP250にもランクインしました。現在137位です。まぁ、IMDbはだんだん落ちてしまうものだけど、めでたいじゃありませんか!!
ちなみに全米今週1位の「G.I.ジョー」"G.I. JOE:THE RISE OF COBRA"にもジョゼフ・ゴードン=レヴィットが出演していて、そちらは4007館で上映してます。

500days of summer

というわけで、公開4週目にしてまた新たなプロモーション動画で出ています。と言ってもスピンオフみたいな感じで、主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイ・デシャネルが映画の役柄のまま、なぜか銀行で踊るミュージックビデオです。

先日のシド&ナンシーも面白かったけど、これも楽しいビデオです。監督のマーク・ウェブはミュージックビデオが本職だから音に合わせた動きが巧いですね。ピアノの音に合わせてポンポンと顔を叩くところなど映画のイメージそのままの可愛らしさです。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがバク転決めたりして、意外と運動神経良くてびっくりしました。
この音楽はズーイー・デシャネルとシンガーソングライターのM・ウォードがやっているインディーロックデュオ「シー&ヒム」の”Why Do You Let Me Stay Here? ”です。

Volume OneVolume One
(2008/03/18)
She & Him
2008年3月18日にリリースされた1枚目のアルバムは、ビルボードで初登場81位を記録し、米国の音楽誌Pasteの2008年ベストアルバムの第1位に選ばれました。

この曲もズーイー・デシャネルが作詞・作曲しているそうです。可愛くてお洒落なだけじゃなく、音楽の才能もあるなんてすごいですね~。
というわけで、映画の日本公開は20世紀FOX配給で、TOHOシネマズシャンテ・シネクイント他全国ロードショーです。IMDbによると2010年1月9日(IMDbの日付はちょっと怪しいので変更あるかも)、待ち遠しいですね。

原題:(500) Days of Summer
邦題:(500)日のサマー
監督: マーク・ウェブ
撮影: エリック・スティールバーグ
音楽: マイケル・ダナ
出演: ズーイー・デシャネル、 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ 、 ミンカ・ケリー 、マシュー・グレイ・ギュブラー
全米公開:2009年7月17日
日本公開:2010年1月9日
英語公式HP:http://www.foxsearchlight.com/500daysofsummer/

トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、建築家になることを夢見ながら、グリーティング・カードのライターとして働く青年。上司の新しい秘書、サマー(ゾーイー・デシャネル)に出会い恋をする。遂に自分のソウル・メイト(心が通じ合うパートナー)を見つけたと思い有頂天になるトム。一方のサマーは ”真実の愛” なんて無いと思っている現実派。
ふたりの500日間をトムが振り返り、男性目線で「恋」について考えるロマンティック・コメディ映画。
監督はミュージックビデオを数多く手がけ、これが映画デビュー作となるマーク・ウェブ。
トレイラーにはオーストラリア出身の4人組バンド、The Temper Trap(ザ・テンパー・トラップ)のSweet Dispositionが使われています。

サントラは米アマゾンとiThuneで視聴きます。
(500) Days of Summer(500) Days of Summer
(2009/07/14)
Original Soundtrack

1. A Story Of Boy Meets Girl [500] Days Of Summer - Music From The Motion Picture 1:35
2. Us Regina Spektor 4:48
3. There Is A Light That Never Goes Out The Smiths 4:02
4. Bad Kids The Black Lips 2:08
5. Please, Please, Please, Let Me Get What I Want (2007 Remastered Version) The Smiths 1:51
6. There Goes The Fear Doves 6:54
7. You Make My Dreams Hall & Oates 3:04
8. Sweet Disposition The Temper Trap 3:52
9. Quelqu'un M'a Dit Carla Bruni 2:43
10. Mushaboom Feist 3:44
11. Hero Regina Spektor 3:29
12. Bookends Simon And Garfunkel 1:20
13. Vagabond Wolfmother 3:47
14. She's Got You High Mumm-ra 3:25
15. Here Comes Your Man Meaghan Smith 3:14
16. Please, Please, Please, Let Me Get What I Want (Album Version) She & Him 2:12




曲名:”Why Do You Let Me Stay Here? ”
アーティスト:She&him
公式HP: http://www.sheandhim.com



関連記事:
「(500)日のサマー」の記事
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットがちょっぴり出演・映画「セントアンナの奇跡」感想
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも出演、クリストファー・ノーラン監督の次回作”Inception”に渡辺謙出演
500days of Summerにも出演、3月9日はマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)の誕生日

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
音楽 | Comments(2) | Trackback(1)
2009/07/10

マシュー・グレイ・ギュブラー出演"How to Be a Serial Killer"予告編+シド・アンド・ナンシー

How to Be a Serial Killer

マシュー・グレイ・ギュブラー自身のマイ・スペースで「"How to Be a Serial Killer"を7月24日からのサンディエゴ・コミコンで上映するよ」と宣伝していたので予告編探してみました。

サンディエゴ・コミコンwiki)とはカリフォルニア州サンディエゴで毎年7~8月の4日間開催される世界最大規模のアニメの大会で、世界中のアニメ・ゲームファンが集まる祭典です。近年はSF・アニメーション・VFX映画やTVの宣伝の場としてハリウッド映画各社も力をいれる重要なイベントとなっていて、大きな映画祭のようにスターたちが出席しています。キャスト・スタッフたちがパネル・ディスカッションで作品について熱いトークを展開し、マニア達と対話する光景は大変羨ましいかぎりです。

"How to Be a Serial Killer"のストーリーは「たった10の簡単なレッスンであなたもチャールズ・マンソンみたいなカリスマ連続殺人犯になれます」、とトニー・ロビンスの自己啓発セミナーのように教えてくれるホラー・コメディです。
武器の使い方、死体処分の方法などをマンツーマンで教えてくれるのがマイク・ウィルソン役のダミオン・クラーク、生徒バード役がマシュー・グレイ・ギュブラーです。

予告を見る限りかなりブラック入ってるコメディですね。スプラッタ苦手な私には「ギャッ」となるシーンもありますが、楽しそうにシリアルキラーを演じている主演のダミオン・クラークは、この作品でNew York City Horror Film Festival主演男優賞を獲っています。
コミコンでの盛り上がり次第で、全米大ヒットとなれば、ひょっとしたら日本でも公開されるかも…なんて期待しておりますが、どうでしょうか。

監督:ルーク・リッチ
出演:ダミオン・クラーク、マシュー・グレイ・ギュブラー、ローラ・リーガン、ライアン・スミス、ジョージ・ワイナー、メアリー・ジョー・キャトレット
上映時間:91分
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt1038971/
公式HP:http://www.howtobeaserialkiller.com/




マシュー・グレイ・ギュブラーはついでに「(500)日のサマー」も7月17日から全米公開だよ」と言ってますので、こちらも宣伝用動画貼っておきます。マシューは出ていませんが、なぜか主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイ・デシャネルが「シド・アンド・ナンシー」を演じています。しかもジョゼフ・ゴードン=レヴィットがナンシー役で、黒い下着姿です。面白いけどいいのかこれ?って感じです。


関連記事:
「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい
マシュー・グレイ・ギュブラーが登場した"500 Days of Summer"の予告
3月9日はマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)の誕生日
ブラックなコメディ映画「バーン・アフター・リーディング」感想


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
2009/06/26

「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい

500day-1.jpg500day-1.jpg500day-1.jpg
「(500)日のサマー」という邦題で日本公開が決まった"500 Days of Summer"のロケ地ロサンゼルスの動画です。

「(500)日のサマー」は真実の恋が信じられない女の子サマー(ズーイー・デシャネル)と、そんな彼女に恋したトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の500日間のロマンチックコメディで、本作が長編映画デビューとなるマーク・ウェブ 監督作品です。トレーラーの音楽はオーストラリア出身4人組バンド、The Temper Trap(ザ・テンパー・トラップ)の”Sweet Disposition”です。

先日見た「路上のソリスト」でもロスの街の魅力が一杯でしたが、「500日のサマー」も街がとっても素敵に描かれているようですね。
「ブレードランナー」でも有名なブラッドベリー・ビルディング(Bradbury Building)、「恋愛小説家」のロケに使われたBarclay Hotel、市庁舎、ウェスティン・ボナベンチャー・ホテル( Westin Bonaventure Hotel )など素敵な建物がいっぱい写ってます。

トムがサマーの腕にパースを書くところや、次第に暮れなずむ街で一人建物をスケッチするシーンも街の美しさをとらえていてハッとします。

500day-1.jpg500day-1.jpg500day-1.jpg


Matthew Gray Gublerマシュー・グレイ・ギュブラーの出演がきっかけで予告をチェックしてた映画ですが、出演者も画面も音楽もキュートだし、日本公開が決まって本当に嬉しいです。
ところで先日膝の手術をしたマシュー・グレイ・ギュブラーも6月24日に行われたプレミアに松葉杖で出席しています。
固定してるバンドが痛々しいけど、元気な顔が見られて一安心です。「クリミナル・マインド FBI行動分析課 」の第4シーズンの撮影も始まる頃だけどどうするのか気になりますね。




原題:(500) Days of Summer
邦題:(500)日のサマー
監督: マーク・ウェブ
撮影: エリック・スティールバーグ
音楽: マイケル・ダナ
出演: ズーイー・デシャネル、 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ 、 ミンカ・ケリー 、マシュー・グレイ・ギュブラー
全米公開:2009年7月17日
日本公開:2010年1月9日

追記:二人が行く家具店はやっぱりイケア(IKEA)でした。イケアは映画「ファイト・クラブ」でも登場するスウェーデン発祥の大手家具店で、日本でも関東関西に5店舗展開しています。店舗にはイケア商品を使ったテーマ別モデルルームがあり、その商品を使った場合のトータルイメージが判りやすく展示され、また組み立て式家具のためデザインの割に比較的安価なのが特徴です。(っと、褒めまくってますが、近所にないので実際行った事はないのです。カタログ見ていいな~と思ってるだけでございます。)この予告で見た時、売り場のアルファベットが母音の上に点が2個ついててスウェーデン語っぽいな~と思ったのですが、なにぶん行った事無い店舗なので判断できませんでした。
というわけでイケアが近所にない私には、イケアってこ~なってるのねと言うのが分かり嬉しい動画でしたので追記させていただきました。


関連記事:
サブカテゴリー:「(500)日のサマー」の記事
サブカテゴリー:建築・インテリアの記事

マシュー・グレイ・ギュブラーが登場した"500 Days of Summer"の予告
"500 Days of Summer"と"Precious"の予告篇
"500 Days of Summer"の予告篇
「路上のソリスト」の舞台、ロサンゼルス「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」
ソフィア・コッポラ監督の新作『サムフェアー』はL.A.のホテル「シャトー・マーモント」で撮影

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(2) | Trackback(3)
2009/06/10

マシュー・グレイ・ギュブラーが登場した"500 Days of Summer"の予告

Matthew-Gray-Gublerやっとマシュー・グレイ・ギュブラーが予告に登場した"500 Days of Summer"。
わ~!やっぱり格好いいです。
当のマシューは先日膝を怪我して10日手術したそうですが、早い回復をお祈りします。
マシューのmyspaceにもお見舞いのメッセージが並んでいます。(背景図が松葉杖姿ですが…)
また元気なメッセージを読みたいですね。

マシュー・グレイ・ギュブラーはTVドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でIQ187の若き天才プロファイラーDr.スペンサー・リード役の俳優です。「アルビン/歌うシマリス3兄弟」で声優もしています。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part1 [DVD]クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2 コレクターズBOX Part1 [DVD]
(2009/03/04)
マンディ・パティンキントーマス・ギブソン

商品詳細を見る


"500 Days of Summer"は、真実の恋を信じられないサマー(ズーイー・デシャネル)とそんな彼女に恋したトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)のロマンチックコメディです。
もう予告だけでも可愛いくて是非みたい映画です。日本でも公開してほしいですよね!
追記:20世紀FOX配給で2010年1月 TOHOシネマズシャンテ・シネクイント他全国ロードショー だそうです。
邦題:(500)日のサマー


主演はマシューじゃなくてズーイー・デシャネル、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットです。


関連記事:
”500 Days of Summer”と”Precious”の予告篇
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも出演するクリストファー・ノーラン監督の次回作”Inception”に渡辺謙出演
3月9日はマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)の誕生日
"500 Days of Summer"の予告篇

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画の紹介 | Comments(7) | Trackback(1)
2009/05/14

”500 Days of Summer”と”Precious”の予告篇

500days

”500 Days of Summer”の新しい予告篇。こんどは写真によるパラパラマンガ風ですね。
相変わらずキュートな感じで主演二人のイメージにぴったりです。

この映画の監督はミュージックビデオを撮ってた人で長編映画はこれがはじめてだそうです。
トレーラーの音楽はオーストラリア出身4人組バンド、The Temper Trap(ザ・テンパー・トラップ)の”Sweet Disposition”。こちらも今年世界デビューするそうで、日本でも8月のサマーソニック・フェスティバルに出演するらしいですね。
Joseph-Gordon-Levitt
ところで作品がDVDスルー多いと書いたジョセフ・ゴードン=レヴィットですが、今年は「セントアンナの奇跡」「G.I.ジョー」が公開予定です。すごいじゃん!
来年クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の”Inception”が公開される頃には日本での知名度も上がってそうですね!
そんな波にのってこの”500 Days of Summer”も日本公開されないでしょうか?無理かなぁ~?


原題:500 Days of Summer
監督:Marc Webb
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル、マシュー・グレイ・ギュブラ
6/15追記:20世紀FOX配給で2010年1月公開予定 邦題「(500)日のサマー」

push
”500 Days of Summer”も出品していた今年1月のサンダンス映画祭。
そのアメリカ作品ドラマ部門で審査員大賞と観客賞を受賞した”Push: Based on the Novel by Sapphire”が題名を”Precious”とかえて全米公開されます。1980年代のハーレムで、親からの虐待されているアフリカ系アメリカ人少女が自立するまでを描いた作品です。こっちも日本の公開はどうでしょうか?
サンダンスでグランプリや観客賞をとった作品は数年前までは日本でもほとんど公開されたましたが、最近の洋画離れという世情や、ハーレムの少女という日本人受けしなさそうなテーマなので、今回は少し難しい気もします。公開を応援してるオプラ・ウィンフリーもタイラー・ペリーも日本では知名度ないですしね~。
でも”リトル・ミス・サンシャイン ”や”スラムドッグ$ミリオネア”みたいに思わぬヒットになったら、日本に来るかもしれないですね。

監督:リー・ダニエルズ
出演:Gabourey 'Gabby' Sidibe 、 モニーク、ポーラ・パットン、レニー・クラヴィッツ、マライア・キャリー
原作:サファイア『プッシュ』
プッシュプッシュ
(1998/02)
サファイアSapphire

商品詳細を見る


関連記事:
"500 Days of Summer"の予告篇
クリストファー・ノーラン監督の次回作”Inception”に渡辺謙出演
にほんブログ村 映画ブログへ
映画の紹介 | Comments(4) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。