--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/17

映画「インセプション」感想

インセプション見て来ました。いや~、面白かった!みたことない映像に迫力の音楽、大がかりなアクションがたたみかけるように展開し148分が短く感じました。これは絶対劇場向きの作品です。大きなスクリーンで迫力の映像と音響で、148分ノーラン監督の夢の中に引き込まれて下さい。必見です。

ストーリーは「眠っている人間の潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション(植え込み)」という最高難度のミッションが与えられる。」というものです。


ストーリーが悪夢のように絡み合い、幾重にも重なって同時進行し、次々に色んな出来事が起こるのでぼ~っと見てるとちょっと混乱するかもしれません。
でも基本的には夢が舞台の「ミッション:インポッシブル」です。指令を受けた組織のリーダーが、作戦をたて選ばれたメンバーとともに遂行するという単純なストーリーです。あとは夢の世界のルール、夢が幾層にも重なっており下の階層にいくほど体感時間が長いとか、普通の夢なら夢の中で死んだら目が覚めるとか、キックという衝撃が合図になるとか、トーテムで夢と現実の区別をつけるとかが作中で説明されますがそこを頭に入れておけば、ストーリーを見失うことはありません。

舞台が夢なので、現実にはあり得ない映像が満載、危険が次々に身に降りかかり、不条理な展開がこれでもか~っというくらい出てきちゃいます。
予告編でも使われていた、街が折り曲がり、歩く先に橋が出来たり、無重力シーンの格闘シーンなど、誰もが知ってる現実を、夢の中で再構成したらこんなふうにねじ曲がり不思議な組み合わせになるというのを、夢そのままに映像化しちゃったノーラン監督って本当に凄いですね!
CGは最小限しか使ってないそうなので、ほぼ実写だと思うのですが、どうやって撮影したのか不思議で仕方ありません。無重力シーンなど、おそろしく手間がかかっているんじゃないでしょうか?
3D映画やCGをふんだんに使った映画ばかりになっていますが、実写でもそれ以上の見た事ない映像を作れるんだというのを見せつけられました。
ダークナイトでもてっきりCGだと思った場面が後から実写(スタント)と分かってびっくりしましたが、このできるかぎり実写というこだわりが映像に陰影と重みを与えているんでしょうね。
追記:公式HPのプロダクションノートに無重力廊下の撮影方法が載っています。)
公式HP→メニュー→アバウトムービー→プロダクションノート

ハンス・ジマーの腹に響く音楽も良いですね!ドワ~ン・ドワ~ンという重低音がとっても効果的に使われ「悪夢」らしさがいや増しています。
あと編集も素晴らしい!幾重にも重なった夢が同時進行してるという複雑な作りなのに、スピーディな展開でもたつかす、ぐいぐいストーリーに引き込まれてしまいました。
追いつ追われつのカーアクションの間に無重力ホテルのじりじりした展開をはさみ、心理戦で緊張したあとは、雪の山荘アクションシーンですかっとさせるといった緩急ある流れがお見事でした。

また俳優陣がみな活躍して、それぞれ見せ場がありました。特にジョゼフ・ゴードン=レヴィットは「(500)日のサマー」のヘタレカワイイ役や「G.I.ジョー」の出演する価値も無かった役とは違ってアクションも沢山こなし大活躍してます。本作で私の中では人気大爆発です。
謙さんもがっかり出演だった「バットマン・ビギンズ」とは違い、ほぼ出ずっぱりの重要な役でした。

ひとつ残念だったのは、撮影中話題になってたやつれたディカプリオはあまり痩せて見えませんでした。まぁ確かに変わって見えたけど、特殊メイクのお陰って感じです。丸顔だから体が痩せても顔はあんまり変わらないんだよね…。体重自由自在のクリスチャン・ベールの激やせ面変わり並の変身を丸顔のディカプリオに期待してはダメですね。
(ちょっとネタバレなので白文字で書きますが冒頭から「コレが終わったら家に帰るんだ…」という失敗フラグ立ちまくりのコブが(見た目にはわからないけれど)やつれる程永い年月あそこに留まって自分を捜してくれてたのに気づいた謙さんの表情素晴らしかったですね~。あのシーンが現実で、あれが止まって欲しいと願わずにはいられないラストでした。
また基本的に悪人は登場せず、敵のキリアン・マーフィーさえも仲間になっちゃう展開も新鮮で良かったです。
まぁ、対抗勢力に買収された航空会社の飛行機にいくら非常時でも乗るかってツッコミも無論ありますが…

痩せてなくても相変わらす演技は巧いです。でもディカプリオの他の映画「シャッターアイランド」や「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」も、すべてこの映画のなかのディカプリオの見ている夢なんじゃないだろうかって気さえしてきます。そういえば全て夫婦関係に悩んでるのも共通してますね~。


マリオン・コティヤールも本当に綺麗。とっても素敵でした。ノーラン監督にしては珍しく美しく女優を撮ってるな~と思いました。でも相変わらずかなり男性的な映画ですね。エレン・ペイジが紡ぐ夢も女性らしさのカケラもありません。あんなふうに摩天楼の都市を造るってのは少年が見る夢っぽい。まぁ建築好きな女性もいるので決めつけちゃいけませんが…。

アクションシーンも多く、148分ハラハラドキドキ楽しめるこの夏必見のサマームービーです。ただし「ダークナイト」のように人間について考えさせられる場面はないので、ストーリーはすこし物足りないかもしれません。

ただ一つ注意点として、始まる前に絶対トイレに行っておきましょう。



原題:Inception
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:クリス・ブリガム
撮影:ウォーリー・フィスター
美術:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
編集:リー・スミス
音楽:ハンス・ジマー
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン
上映時間:148分
公式HPhttp://wwws.warnerbros.co.jp/inception/mainsite/
■DVDが12月7日発売です。
種類ブルーレイ1
本編&特典映像収録
ブルーレイ2
特典映像
DVDディスク
(本編&特典映像)
トーテム(コマ)「夢共有装置」
取扱説明書
スチールブック仕様画像
Amazon限定
スチールブック仕様
\4784
×B0042VJ8II
プレミアムBOX
\3651
×B003CN5VYM
ブルーレイ & DVDセット
¥2917
×××B0042RVBXC
DVD
\2550
×××××B0042RUEZ8


関連記事:

ディカプリオ主演、ノーラン監督の"Inception"予告編
映画「Inception」(原題)撮影中のディカプリオのダイエットは?
建築・インテリアの他の記事
映画の感想カテゴリの他の記事
ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演「(500)日のサマー」関連記事
スポンサーサイト
映画の感想 | Comments(11) | Trackback(8)
2010/01/20

「(500)日のサマー」監督のマーク・ウェブがスパイダーマンの監督に!

サム・ライミ監督、主演のトビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンストが降板し公開日も2011年夏から2012年夏に延びた「スパイダーマン4」の監督に「(500)日のサマー」の監督マーク・ウェブが決定というニュース、びっくりしました。

正直もうトビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンストは年齢的に難しい気がしてましたので、ここで新しいキャストにするのも大賛成です。
ピーター・パーカーの高校時代に戻るらしいスパイダーマン4ですが、「(500)日のサマー」の主人公トムも高校時代人気者のジョックだったとは考えがたく、ピーター・パーカー同様、ナードとして底辺のヒエラルキーに属してそうですもんね。
片思いのMJと良い雰囲気になって一人浮かれて歌い出しそうな男の子だし、そういうのを描くのが上手いマーク・ウェブ監督というのは結構良い選択だと思います。
音楽使いも上手いし、映像もセンス良いし「スパイダーマン1」や「スパイダーマン2」のような良い青春ものを期待出来そうです。

でも長編映画はこの1作しか撮ってない監督に夏の大作を任せるとは、ソニーって剛毅ですね…。
一点心配なのは「スパイダーマン4」でサム・ライミ監督が降板した理由がスタジオ側が悪役を沢山出すように希望し折り合いが付かなかったからと聞きます。「スパイダーマン3」でヴェノムとサンドマンとW悪役にして詰め込みすぎ脚本で大失敗したのにまた同じ轍を踏む気なんでしょうか?
そこだけは心配ですね…。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
映画「(500)日のサマー」感想
(500)日のサマー、銀行ダンス
「(500)日のサマー」"500 Days of Summer"のロザンゼルスは素敵な建物いっぱい
ブロードウェイのスパイダーマン/ピーター・パーカーは リーヴ・カーニー
「スパイダーマン」が作詞作曲U2、衣装デザイン石岡瑛子でミュージカルに
トビー・マグワイヤ出演「ある愛の風景」のリメイク映画”Brothers ”予告篇
映画の紹介 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/10

映画「(500)日のサマー」感想

(500)日のサマー」見てきました!
昨年のサンダンス映画祭の時から約1年、待った甲斐がありました。
切なくて可笑しくてカワイくてほろ苦い、しかもリアルな映画でした。
なによりジョゼフ・ゴードン=レヴィットがキュートで、恋するトムを応援したくなります。
好きになってもなかなか告白出来なかったり、相手の何気ない言葉で浮き沈んだり、ベッドインして浮かれてみたりと、男子目線の恋愛模様がこれでもかってくらいにリアルに描かれています。これは21世紀の恋愛バイブル映画になっちゃうんじゃないでしょうか?

ストーリーは「建築家を夢見つつもグリーティング・カード会社で働くトムは、社長秘書として入社してきたサマーに一目ぼれをする。運命の恋を信じるトムに対し、サマーは真実の愛を信じられない女の子。正反対なふたりの恋のゆくえ」を描いた作品です。
500daysofsummer001.jpg

相手のサマーは恋を信じないのに、キスしたり手を繋いでデートしたりと勘違いさせる行動多すぎなんですよね。
恋はしたくないけど誰かといたい寂しがり屋タイプの人って端からしたら大迷惑ですね。「真剣に付き合う気はないの」とか「踊りたかったから」とか、テメーふざくんな(怒)と一発なぐりたくなったのは私だけじゃないでしょう。エキセントリックな性格が反って魅力になっちゃうタイプの女の子に、ズーイー・デシャネルのお人形のような容貌にはまっていてぴったりなキャスティングでした。

でも、途中からサマーだけが悪いわけじゃない気がしてきました。恋愛って二人同時に同じ重さで好きになる事はまずないですよね。どちらかが早かったり、どちらかの想いの方が大きかったりするものです。相手にそこまで想ってもらえたら、付き合ってるうち好きになるかもしれない、趣味も話も合うし人柄も良いしそのうち恋になるかもしれない、そんな風に付き合い出す人も結構いるでしょう。だけどどうしても恋にならない。あの映画を見ながらサマーは気づいちゃったんですね…。

一方先に好きになった方としては、付き合って行くうちに相手も同じ気持ちになると期待する、これも痛いほどよく分かります。若い女性に多いけど、自分の愛の力で相手が変わるって期待しちゃうんですよね。
でも人を変えられるのは本人だけで、他人の心は変えられないものです。
結局サマーもトムも恋によって変わり成長するラストが爽やかで心地良い余韻に浸りながら帰宅しました。
500daysofsummer002.jpg


二人の500日間をあっちこっちに飛ぶ構成も、音楽ビデオ出身らしいユニークな演出も音楽使いも監督のセンスが光っていますね。また洋服や小物もキュートでマネしたくなる物がいっぱいです。
楽しくて仕方なかった行動が、気持ちの変化で嫌で堪らなくなったり、好きだったところを欠点として挙げてみたりとこのあたりの脚本が恋の本質をついていて憎らしいほど巧いです。
また脇役も良い!私のお目当てポール役マシュー・グレイ・ギュブラーもカメオ程度かと思ってたら、意外に出番が多くて嬉しかったです。同僚マッケンジー役のジェフリー・エアンドも妹レイチェル役のクロエ・グレース・モレッツも勤務先社長役のクラーク・グレッグも作品の雰囲気にあってましたね~。

前売り1枚しか買わなかったのが悔やまれますが、もう一回くらいは見に行きたいです。気がすごく早いですが、2010年のベスト10映画に入ります。ついでにアメリカでは既にDVDが出ているのを円高なので注文してしまいました。

そのアメリカアマゾンにあった動画へのリンクも貼っておきますね。自分のアパートからがっくり出てくるトム。あのダンスシーンと同じ場所なのに、気持ちが沈んでると噴水の出まで悪いんですね(笑)
URL http://www.amazon.com/gp/mpd/permalink/m3OE8XQGX12FTD

こんなにこんなに好きなのに、どうして恋が上手くいかないんだろうと切ない思いをした事がある人にお勧めです。



B002BAODSC(500)日のサマー
原題:(500) Days of Summer
監督:マーク・ウェブ
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:エリック・スティールバーグ
美術:ローラ・フォックス
編集:アラン・エドワード・ベル
音楽:マイケル・ダナ、ロブ・シモンセン
上映時間:1時間36分
出演:ジョセフ・ゴードン=レビット、ズーイー・デシャネル、ジェフリー・エアンド、クロエ・グレース・モレッツ、マシュー・グレイ・ガブラー、クラーク・グレッグ、レイチェル・ボストン、ミンカ・ケリー
公式HP:http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事:
(500)日のサマーの他の記事
映画の感想カテゴリの他の記事
建築・インテリアの他の記事へ
映画の感想 | Comments(6) | Trackback(7)
2009/11/11

「(500)日のサマー」主演の二人が授賞式で映画のワンシーンを再現

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットとズーイー・デシャネルの授賞式でのパフォーマンスです。息もぴったりだし、とっても可愛くて面白い二人ですね!
Hamilton-Behind-The-Camera-.jpg


Hamilton Behind The Camera Awardsは腕時計ブランドのハミルトンとハリウッド・ライフ誌主催で、映画監督、プロデューサー、脚本家、編集者など、映画製作に携わるスタッフを表彰する賞です。

映画監督賞は"The Hurt Locker"の女性監督キャスリン・ビグロー、脚本賞は「(500日)のサマー」のスコット・ノイスタッターとマイケル・H・ウェバーが受賞しています。(しかし何故かまだ公開前の「アバター」「トワイライト~ニュームーン~」が受賞してたりしてイマイチよく分からないんですが、どういう期間で区切ってるんでしょうか。)
http://www.movieline.com/2009/11/movieline-and-hamiltons-behind-the-camera-awards.php

プレゼンターとして登場したジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督の映画「インセプション」に出演します。6月に東京ロケから始まったこの映画の撮影は、パリ・ロンドン・タンジール・フロリダと続き、次はカナダ・カルガリー近郊のセットで撮影されるようです。日本公開は2010年7月予定です。

デス・キャブ・フォー・キューティのボーカル、ベン・ギバードと9月末に結婚したばかりのズーイー・デシャネルは、姉のエミリー・デシャネルが主演するTVドラマ「BONES」(全米放送12月10日分)にゲスト出演するそうです。

また「スモーキング・ハイ」のスタッフ・キャストが再集結し中世が舞台のファンタジー・コメディ映画"Your Highness"ではジェームズ・フランコ、ナタリー・ポートマン、ダニー・マックブライドと共演しており、全米公開は2010年10月1日です。

そんな二人が主演した「(500)日のサマー」の日本公開は2010年1月です。待ち遠しいですね!


動画が上手く貼れません(涙)

このリンクをクリックして動画を見て下さい。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
俳優
2009/09/19

映画「(500)日のサマー」挿入歌を歌うザ・テンパー・トラップの無料ライブ

(500)日のサマー公式HP
映画「(500)日のサマー」の日本公式HP
http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/ ができて、いよいよ2010年1月日本公開なんだな~って感じですね!上映劇場もHPに記載され、近所でも上映予定があるのがわかりとっても嬉しいです。

上映劇場
東京TOHOシネマズシャンテ
東京渋谷シネクイント
神奈川川崎チネチッタ
千葉シネマイクスピアリ
大阪シネ・リーブル梅田
神戸シネ・リーブル神戸
名古屋センチュリーシネマ
福岡KBCシネマ

その映画公式HPで挿入歌 ”Sweet Disposition”を歌うザ・テンパー・トラップのショーケース・ライヴの告知があってました。

大阪(10月7日)と東京(10月9日)のライブにそれぞれ400組800名・150組300名招待するそうです。ザ・テンパー・トラップの公式HPから応募でき、締め切りは大阪が9月27日(水)東京が9月30日(水)です。
最初に(500日)のサマーの予告編見たときに使われていた音楽が素敵だな~と思い彼らのデビューを知ったのですが、ポップでちょっと胸がキュンとするキュートな音楽ですよね。無料だし興味のある方は応募なさってはいかがでしょうか?

ザ・テンパー・トラップの公式HP http://www.hostess.co.jp/thetempertrap/

■東京公演
THE TEMPER TRAP PREMIUM LIVE
抽選で150組300名様ご招待
日時: 10月9日(金)  場所: 恵比寿LIQUIDROOM
制作協力:クリエイティブマン
締め切り:9月30日(水)

■大阪公演
FM802 / Sony presents REAL GENERATION LIVE
抽選で400組800名様ご招待
日時: 10月7日(水)  場所: BIG CAT
締め切り:9月23日(水)

関連記事:「(500)日のサマー」その他の記事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
音楽 | Comments(0) | Trackback(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。